当館で産まれたウチワエビのフィロソーマ幼生の展示を開始しました。
イセエビやセミエビの幼生は木の葉の様な体をしているので、ギリシャ語で”葉”を意味する”phyllos”と”体”を意味する”soma”からphyllosoma(フィロソーマ、フィロゾーマ)と名付けられました。
また、ウチワエビの幼生はジェリーフィッシュライダー(クラゲ乗り)とも呼ばれており、海の中を漂うクラゲの上で生活しています。
親とは姿かたち、生活の仕方まで全く異なるウチワエビの幼生をじっくり観察してみて下さい。