ハナデンシャの展示は終了しました。

このハナデンシャは、2018年5月24日に串本町沿岸の定置網で獲れたものを譲り受けて展示しています。
現在は体長10㎝ほどですが、生長すると20cmほどになる大型のウミウシで、普段は海底で生活していますが、体を丸めて浮遊することもあります。
全身には赤・白・黄色の金平糖の様な突起があり、刺激を受けると青白く点滅するように発光します。
このような見た目から花電車(路面電車に造花や電飾を飾り付けたもの)と名づけられました。
まだまだ謎の多いウミウシですが、水槽内では元気に餌(クモヒトデ)も食べています。
とても珍しいウミウシですので、ぜひ見に来て下さい。